ナガオ薬局 健康情報
耳寄りな健康情報をご紹介いたします。皆さまからの情報もお待ちしておりますので、是非メールでよろしくお願いいたします。

Vol.48『正しい呼吸でリラックス その3』

2005.7

「呼吸体操」で呼吸関連の筋肉を鍛える

 時間の合間を利用して、一日のうちに何度も行ってほしい体操です。呼吸に関連する筋肉・骨格・関節などをゆっくり伸び縮みさせます。普段から深い呼吸を導き、呼吸力を引き上げてくれます。
柔軟体操
 始める前には正しい姿勢で立ち、両手を水平に伸ばして柔軟体操をします。
肩と腕の柔軟体操(5回以上)
吸息しながら腕を外ねじり、吐息しながら腕を内ねじり
柔軟体操
1胸筋の前後拡張体操
 左足、右足と交互に行う。踏み出すごとに1回とし、10回程度を行う。
1胸筋の前後拡張体操 1胸筋の前後拡張体操
1.肩幅に足を開いて、息を吐きながら体の前で両腕を交差。前かがみになり、お腹をへこませ、腕を内ねじりにして息を吐ききる。
2.息を吸いながら、左足を一歩前へ。両ひじをわき腹に曲げて後ろへ引き、胸を突き出して体を反らす。腕は外ねじりから、息を吐きながら足を戻し、両腕を交差して内ねじりにし、息を吐ききる。
2胸筋の左右拡張体操
 左右交互に行い、上体を倒すごとに1回。10回程度を行う。
2胸筋の左右拡張体操 2胸筋の左右拡張体操
1.左腕を下に伸ばしながら、腕は内ねじりに。息を吐ききる。顔は下を向ける。
2.次に息を吸いながら、上体を起こす。両腕を水平に伸ばして胸を張る。腕は外ねじりにし、息を吸いきる。次に吐きつつ、右腕を下に伸ばしながら1.の要領で繰り返す。

3肋骨の捻転(ねんてん)拡張体操
 上体をねじるごとに1回、左右交互に10回程度を行う。
3肋骨の捻転(ねんてん)拡張体操 3肋骨の捻転(ねんてん)拡張体操
1.肩幅に足を開き、両腕を前に伸ばして外ねじりする。次に息を吐きながら、右へ上体と腕をねじって、息を吐ききる。
2.息を吸いながら、ねじった上体を元の中央へ戻し、前に伸ばした腕は正面で外ねじりして、息を吸いきる。次に息をはきながら左へねじり、1.と同様に行う。
注意
  • 食後2時間以上経ってから行ってください。
  • 体操ではなく呼吸法です。動きが不完全であっても、その形で呼吸することが大切です。
  • 練習して気分が悪くなった場合は、無理しないでください。
*月刊ヘルシートークより抜粋

ページの上へ