ナガオ薬局 健康情報
耳寄りな健康情報をご紹介いたします。皆さまからの情報もお待ちしておりますので、是非メールでよろしくお願いいたします。

Vol.6『薬の上手な選び方、使い方』

2002.1

薬は症状に合わせて選ぼう

 市販のかぜ薬には、さまざまな症状に有効な成分が配合されている「総合感冒薬」と、鼻水・咳(せき)といった、それぞれの症状に応じたかぜ薬があります。症状に合わせて有効なかぜ薬を選ぶことがポイントです。
のど、鼻水、鼻づまり、咳、発熱、だるさ…など2つ以上の症状が重なっている
総合感冒薬 解熱鎮痛剤や抗ヒスタミン剤などを配合している
  • 総合感冒薬は、ウィルスの違いや感染場所の違いによっておこるさまざまな症状に対応できる
  • 咳の原因となるしつこい痰(たん)を出しやすくする「塩酸ブロムヘキシン」、のどの痛みや熱を鎮める「アセトアミノフェン」などの成分を含み、かぜの症状をやわらげてくれる
のどの症状、違和感やイガイガなどを感じる
うがい薬 のどを直接、殺菌・消毒できる
  • うがいで予防しましょう
トローチ
医薬品ドロップ
のどスプレー
のどの炎症を抑え、唾液を増やして粘膜を保護してくれる
  • 外出先でうがいが出来ないときもOK
  • トローチに含まれる「塩化リゾチーム」は、のどの腫れ、炎症による痛みに効果的
咳、痰
咳止めカプセル
咳止めシロップ
咳や痰を鎮めてくれる
  • 痰の粘り気が強いと、のどにからむので薬で痰の粘り気を下げる
  • 痰を出しやすくする「塩酸ブロムヘキシン」や「塩化リゾチーム」、鎮咳薬「リン酸ジヒドロコデイン」が配合されていると効果的
鼻の症状、くしゃみ、鼻水、鼻づまり
鼻炎カプセル 抗ヒスタミン剤などを配合しているもの
  • カプセル1日2回、12時間ごとに服用する「持続性鼻炎治療薬」がおすすめ
  • 血管収縮薬、分泌抑制薬が配合されているもの
点鼻薬 薬剤を直接噴霧し、鼻粘膜の腫れを鎮めてくれる
  • 鼻の奥まで均一に薬効成分がひろがる
食欲不振
ドリンク剤
アミノ酸製剤
ビタミン剤
サプリメント
栄養補給をしましょう
こども用かぜ薬
シロップ
ドライシロップ
錠剤や顆粒剤が上手に飲めないお子さまでも、シロップやお湯にとかして飲むタイプのドライシロップなら大丈夫
  • いちご大人に比べて急に高熱を出すことが多いため、解熱鎮痛成分「アセトアミノフェン」を配合したフルーツ味のシロップ剤がおすすめ
坐剤 高熱で薬が飲めないときにも使える
  • 吐き気で薬を受け付けないときでも、直腸の粘膜から直接吸収されるため、胃も荒らさず、早い効き目が得られる

かぜ薬を飲むときの注意点

 以前にかぜ薬を飲んで副作用が出たことのある人は、薬剤師さんに相談してからかぜ薬を選びましょう。
飲む前に
マグカップ
  • 「食後に服用」とは食後30分以内に飲むこと
  • 空腹時には、牛乳を飲んだり、ビスケットなどを食べてから薬を飲もう
  • 薬の作用が強く出ることがあり、危険なのでアルコールといっしょに飲まないこと
飲む時は
  • コップ一杯の水、またはぬるま湯で飲む
  • 胃が荒れやすい人は、胃を保護する働きがある胃腸薬をいっしょに飲む
  • トローチなどは噛まずに、出来るだけ長く口に含む
  • トローチをなめて30分程度は飲食しないように
飲んだ後
  • 抗ヒスタミン剤などを含む薬は眠気が起こるので注意

妊娠中、授乳中の薬は医師に相談を

 妊娠3〜4ヶ月は胎児にさまざまな器官が形成される時期です。この時期に薬を飲むと流産する哺乳びん危険があるため、基本的にかぜ薬の服用は避けます。妊娠5ヶ月以降であっても、万全を期すためにも、必ず医師の診察を受けて指示に従いましょう。

 授乳時に、母親が服用した薬が母乳にも含まれるかどうかは薬の種類によっても違います。医師の処方したかぜ薬を服用しましょう。
 激しい咳は流産を起こす危険がありますから、インフルエンザにはかからないよう細心の注意を払うよう心がけましょう。
かぜが長引く人〜感染に対する抵抗力
 かぜが長引く人と、初期段階で治る人、また、しょっちゅうかぜをひく人と、めったにかぜをひかない人がいます。
 これは、その人のもつウィルスの感染に対する抵抗力の強さによって決まります。
 抵抗力の強さは、年齢にもよりますが、基礎体力があるかどうかが深く関係します。抵抗力が落ちる病気や、副腎皮質ホルモン、抗がん剤などの薬の副作用で抵抗力が落ちることもあります。
かぜをひきやすい時
  • 同じ人でもストレスがたまっている
  • 適度な緊張がとれて油断したとき
  • 睡眠不足などで疲れているとき
  • 食事が不規則で栄養が偏っているとき

ページの上へ