ナガオ薬局 健康情報
耳寄りな健康情報をご紹介いたします。皆さまからの情報もお待ちしておりますので、是非メールでよろしくお願いいたします。

Vol.4『肩こりのセルフケア』

2001.11

肩こりの発生

 大人の3人に1人は肩こりで悩む時代です。つい、根をつめて仕事に熱中してしまうことの多い日本人は“肩こり民族”かも知れません。症状を緩和させながら、原因をなくして“肩こり知らず”を目指しましょう。
肩こりが起きる仕組み
 肩の筋肉を緊張させている状態が続くと、筋肉の収縮&弛緩に限界がやってきます。限界に達した筋肉は柔軟性を失い、硬直した筋肉で血管が圧迫し、血液中に疲労物質が増加するのです。すると血管周辺の神経が刺激されて痛みを感じるようになります。

生活態度をあらため原因をなくそう

休憩しましょう 筋肉と神経の過度な緊張状態をほんの少し減らすだけでも、
肩こり解消へ着実につながります。
 連続する仕事中には、こまめに休息をとるようにしましょう。
 下の項目に思い当たる点が多いほど肩こりが起りやすいのでチェックしてみましょう。
労働と姿勢の問題
  • パソコン作業が2時間以上続く
  • 前かがみの姿勢でのデスクワークが多い
  • 立ち仕事が多く、片足に重心がかかる
  • 物を扱い、腕を使う仕事が多い
  • いつも同じ側にバッグを下げている
  • 車の運転では前かがみ、または反り返っている
  • 椅子に座ると脚を組むクセがある
  • 職場の冷房がいつもよく効いている
  • ひじをついたり、腕を組むクセがある
  • 机に斜めに向かうクセがある
  • ソファでよくうたた寝をする
  • 腹ばいで読書、寝転んでテレビが好き
心理的・精神的な問題
  • 営業性成績や会議のため、いつも緊張している
  • 上司や同僚に、いつも不満がある
  • 細かな仕事が多く、プレッシャーがかかる
  • 家庭や個人的に、不安や悩み事がある
  • 嫌な仕事をしぶしぶしている
  • 他人に気を使い、イライラしている
  • 睡眠時間が少なく、夜中に時々目が覚める。
その他生活習慣の問題
  • 風呂はカラスの行水か、シャワー
  • ほとんど運動(特に全身運動)をしない
  • 冬でも割と薄着が好き
肩こりを起こしやすい体形
  • 極端なヤセ型=肩や首の筋が弱い
  • ネコ背=肩や首に強い重荷がかかる
  • なで肩=肩の筋肉量がすくない
  • 首が前かがみ=重い頭部を支えている
  • 肥満=首・肩・腕が重く、筋肉が疲労

「肩こりを治す」へ

*月刊ヘルシートークより抜粋

ページの上へ